夜遅くに食べても痩せられるの?

昔、芸能人の倖田來未さんもやっていましたが18時以降は食事をしない方がいいとよく本や雑誌に書いてあったりしましたよね。 ですが、普通に日々忙しい現代人が毎日18時以降食べていけないというのは過酷です。 かといって、夜遅く食べたら痩せられないのかというとそれも違います。 今回は夜遅くに食べても痩せら得れる方法を紹介します。

炭水化物や脂っぽい食事はしない

ご存知の人も多いかもしれませんが、炭水化物というのはお米やパン、麺類など主食になるものです。 また、じゃがいもやさつまいもなどのイモ類も炭水化物を多く含んでいます。 この炭水化物は、必要不可欠な栄養素ではあるのですが、体内で消化されるのが遅いです。 なので、消費されなかった分は寝ている間に脂肪として蓄積されるので、夜は炭水化物は摂らない方が良いです。 また、脂っぽいものもNGです。 鶏の唐揚げやトンカツなどの揚げ物や、生姜炒めやステーキなど脂を沢山使った料理は高カロリーです。 脂っぽい料理を食べるなら夜よりも昼にしましょう。 夜にどうしてもお肉が食べたいのであれば胸肉やささみを使って茹でたり、少ない脂で焼いたりして食べるのがオススメです。

何なら夜食べてもいいの?

夜遅くても太らない食べ物は大豆や豆腐、焼き魚、お刺身などのたんぱく質と野菜料理です。 といっても、ガッツリ食べたい!という人には糖質が殆どない大豆麺がオススメ。

置き換えダイエットをするならソイドルがオススメ

どうしても夜に炭水化物のお米やパン、麺類のような主食をガッツリ食べたいという人ならソイドルがオススメです。大豆100%の麺なので、低糖質な上に高タンパク質です。 さらに、焼きそば風・ペペロンチーノやアラビアータ、カルボナーラなど様々なパスタ風・ラーメン風・南蛮うどん風・ざるそば風など様々なアレンジができる麺なので飽きたりもしないでしょう。 夜遅くにしか食べれないという方でもソイドルなどのたんぱく質料理や野菜料理をメインに摂れば痩せる事は可能です。 諦めず、ぜひダイエットをしてキレイで痩せ体質を手に入れましょう!     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top