ケールの栄養素とグリーンスムージーレシピ

緑葉甘藍、羽衣甘藍とも言われているアブラナ科の野菜であるケール。健康への期待値が高く青汁の材料にも使われているケール。 今回はケールの栄養素とケールを使ったグリーンスムージーのレシピについて書いていきます。

ケール一つで沢山の栄養が摂れる

突出して高い栄養素はありませんがビタミン、葉酸、カルシウム、鉄分、マグネシウム、マンガン、リン、カリウム亜鉛などどれも満遍なく摂取する事が出来ます。沢山の栄養素がケール一つで摂れる事から青汁の材料として使われています。他にもケールは花粉症のアレルギー緩和効果や殺菌効果、がん予防効果が期待できます。

カルシウムの吸収率が高い

ケールのカルシウムは他のものと違い、同じ量でも吸収力が違います。ですので、骨や歯などの健康効果が大いに期待できます。

グリーンスムージーレシピ

ケールとパイナップル

食材
ケール 2枚
パイナップル 半分
400ミリリットル
ビタミンK、ビタミンC、葉酸が成人に必要な量の100%以上を摂る事ができ、マンガンやビタミンAが80%これ一つで摂る事が出来ます。マンガンは老化の原因である酸化を防いだり、神経の機能改善、インスリンの合成、酵素の構成成分など女性に必要な栄養素なのでケールを仕入れたらパイナップルと一緒に摂って即デトックスしましょう。

ケールとネクタリンとバナナ

食材
ケール 2枚
ネクタリン 3個
バナナ 1本
400ml
ネクタリンの酸味とバナナの甘さが交わる事で、甘くてクリーミーなデザート感覚が楽しめます。栄養素はビタミンKとビタミンC、葉酸がこれ一つで1日に成人に必要な栄養素を摂る事が出来、腹持ちがよくなる食物繊維が70%、ビタミンAが90%摂れます。ネクタリンの旬は夏なので、ぜひ夏はこのレシピを試してみてくださいね。     

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top